会社案内
COMPANY

ご挨拶

当社は1975年12月に現会長 海道 長が起業した会社です。
当初、道路反射鏡用鏡面を真空成型・真空蒸着によって製品化したことにより社名を日本真空化学としました。

現在では道路反射鏡鏡面はもとより、エンジニアリングプラスチック・アクリルパイプ・採光用トップライト・大型浴槽 とプラスチックの可能性を探りながら製品開発に取り組んで参りました。
エンジニアリングプラスチックのMCナイロンとアクリルパイプは当社で原料を重合反応させ成型しております。
直径2000mmのアクリルパイプは現時点で国内最大となり、水族館等で使用されております。
またアクリルを使った浴槽は長さ4750mm×幅2400mmの特大サイズもご用意しております。

独特な日本の文化を大事にしながら世界に通用するモノづくりを目指し研究開発を進めてまいります。

代表取締役社長
海道 直人

会社概要

名称 日本真空化学株式会社
本社所在地 〒910-3145 福井県福井市串野町20-22
代表取締役会長 海道 長
代表取締役社長 海道 直人
資本金 4,500万円
従業員数 48名
事業内容 熱硬化性プラスチック製品の製造業務
  • 鏡面
  • アクリルパイプ
  • エンプラ切削用素材及び精密加工
  • NACドーム(トップライト)
  • NACヘルスパ、一般成形加工】
グループ企業
ナック株式会社
福井県福井市小幡町7-5-1
TEL 0776-83-1484
FAX 0776-83-1282
株式会社シーロード
福井市小幡町7-5-1
TEL 0776-85-7785
FAX 0776-85-7085
有限会社 棗の里農産
福井県福井市小幡町4-39
TEL 0776-85-7785
HP http://natsumeya-direct.biz/
日本エフ・アール・ピー株式会社
福井県福井市江上町50-19
TEL 0776-59-1166
FAX 0776-59-1116
HP http://nihonfrp.co.jp

アクセス

日本真空化学 株式会社 本社・工場
福井県福井市串野町20-22
TEL 0776-83-1484

菖蒲谷工場
福井市菖蒲谷町2-8-1
TEL 0776-83-1750(代)

沿革

1975年12月 日本真空化学株式会社(代表取締役 海道 長)設立
1977年 3月 アクリル高速遠心注型パイプ製造実験工場を新設
1982年 4月 エンジニアリングプラスチック素材製造開発に着手、実験工場を増設し押出機械設備を新設
1984年 8月 トップライトの関連設備を増設
1985年10月 トップライトの全国販売を開始
1986年 6月 大型真空成形工場にてトップライト・ヘルスパ・エンドレスプール等の製造を開始
1988年 6月 大型真空成形機(最大成形寸法2500×6300×1150mm)を新設。大型製品の製品販売を開始
1989年 6月 国内初のFRA製による特注品の大型浴槽及びプール等の製造・販売を開始
1993年11月 NC旋盤・マシニングセンター・フライス・研削盤等精密加工機械一式を購入し、エンプラ精密加工分野に進出
1996年 4月 エンプラ素材部門にて厚板長広巾(厚さ150×巾2000mm)パイプの製造の研究を開始
1998年 8月 モノマーキャストナイロンの販売を開始
2002年 4月 大口径アクリルパイプ(φ1200mm)の生産開始
2003年 3月 大口径アクリルパイプ(φ2000mm)の試作・完成
2003年 7月 大口径アクリルパイプ(φ1000mm)の生産開始
2009年 4月 RH-PP(ホモポリマー)の販売を開始
2010年 4月 RU-PE(超高分子量ポリエチレン)の販売を開始
2015年 3月 日本エフ・アール・ピー株式会社をグループ傘下とする
2015年11月 NACグループ再編のため、創進グループ・日本真空化学株式会社として新たなる歩を踏み出す。(代表取締役 海道 長 代表取締役 海道直人)
2017年 5月 新ドーム工場新設
pagetop
日本真空化学株式会社